頬 化粧のり

頬の乾燥で悩んでいる人は化粧のりも悪いと感じているのではないでしょうか?

 

乾燥している肌は角質層がうまく入れ替わっておらず、角質の剥がれ浮きが生じてしまい化粧浮きがしやすくなります。

 

また乾燥していることにより化粧品と肌の密着がうまくいかない、乾燥性の皮脂過剰により化粧品の成分が分解される…といったこともあります。

 

よく乾燥肌向けのファンデーションや化粧下地というものを見ますが、こういったものは化粧品の成分自体に保湿成分が入っています。こういったものを使うと肌の水分が不足しているのを補うことができます。

 

ただ肌内部の水分は不足したままなので、化粧品の保湿成分が蒸発していくにつれて化粧崩れしやすいという問題があります。

 

これを防ぐにはやはり肌内部の水分量を増やすしかありません。

 

とくに頬は誰でも乾燥しやすい部位なので一度乾燥するとひどくなりがち。頬は面積が広いため、おでこと並んでぱっと見の見た目年齢に影響が出やすい部位です。ファンデーションがシワになったりヨレたりしやすいので、頬の保湿には気を使うべきです。

 

それに保湿成分入りのファンデーションや化粧下地に頼っていると、肌内部の水分がさらに不足することになります。肌表面の保湿成分により一時的に保湿はされますが、それらが蒸発していく時に肌内部の水分も連れて行かれてしまいます。乾燥肌の人の肌は隙間が多くて肌内部の水分が漏れ出しやすいためです。

 

適切な保湿をすれば頬の化粧のりは大きく変わります。保湿とその維持、乾燥肌の原因を改善する保湿方法をおすすめします。詳しくはトップページにて。